​  安全弁は容器内槽の圧力が所定の圧力まで昇圧すると

  自動的に容器内のガスを放出し、圧力を下げます。

  安全弁の作動時は所定の圧力まで昇圧している事を

  知らせるため大きな作動音がなります。

​  そのため数日間使用しない場合は予めガスを放出し

 (安全​弁が作動しないよう)内圧を下げるようお願いします。

   

   取り扱いについて

   安全弁が吹いているにも関わらずそのままにすると。。。

    繰り返す作動する事で吹き始め・吹き止まりに影響を及ぼす恐れがあり

    またバルブケースのシート部が損傷・変形する恐れがあります。

​    作動した場合は必ずガスを放出し、内圧を下げるようお願いします。