​  意外に知られていないハンドル操作についてご説明いたします。

                           このバルブはハンドルを右に回す事でスピンドルが回り

          シート部があたり面と接する事で液もしくはガスの流れ

         を止める事ができます。

         反対に左に回す事で、シート部とあたり面が離れるので

         液もしくはガスを流す事ができます。

         

         ここまでは普通のバルブと操作は一緒ですが。。。

​           この時、バルブは全開(左に開けきる)にする必要があります。

​         全開にする事でシール機能が向上する効果があります。